人参嫌いでも食べられる簡単な人参調理法

人参料理と聞くと、あまり美味しいイメージを持たないのではないでしょうか。

苦手な野菜でランキングをつけると、必ず上位に名前が挙がるのが人参です。
しかし、人参は年間を通して安定した価格で、栄養価が高く、毎日の食事に取り入れたい野菜の一つです。
そこで、今回は苦手な人でも美味しく食べられる人参料理について考えてみました。

人参の何が嫌いなのか

人参には、独特の匂いがあります。嫌いだとなおさら、嫌に感じますよね。
この匂いの原因は、人参がセリ科の植物だということが挙げられます。
セリのような香草の独特の匂いがしますよね。また、食感が苦手だという人もいます。
コトコト煮る煮物が、柔らかくなり過ぎると、口の中でグニュっと潰れて嫌な食感になってしまいます。
これも、調理方法によって食べやすくなりますよ。

人参解決法

匂いがダメだという人には、強い香りで調理することがおすすめです。
ゴマ油で炒め物にしたり、カレー味やソース味などでスパイシーに仕上げてみたりすると、意外と匂いも気にならなくなります。
また、食感が嫌な人には、煮物には人参を薄切りにして仕上げにサッと入れるだけにすると、柔らかすぎることなく食べられます。
また、人参スティックや人参サラダなど生で味わうことで、ポリポリやシャキシャキした食感が出て食べやすくなります。
ディップソースも、クリームチーズやバーニャカウダなど少しクセのある方が人参を深く味わうことなく、食べやすいかもしれません。

人参の栄養価を損なわずに美味しく食べる

人参には、カロテンが豊富に含まれています。カロテンは体内に入るとビタミンAに変化します。
ビタミンAは眼や肌の機能を保つ効果があり、肥満予防や動脈硬化を予防する働きもあります。
人参を油で調理をすると、カロテンの吸収率がアップして効果的に栄養を摂取できます。
また、人参の皮の部分に多くの栄養が含まれるため、なるべく薄くむくか、タワシなどでゴシゴシ洗いをして皮付きのまま調理をしたいものです。

人参簡単料理あれこれ

千切りにした人参をツナ缶のオイルごとすべて一緒に、塩コショウだけでサッと炒めた人参炒めはいかがでしょうか。
朝の時間のない時でも人参をスライサーで千切りにして、炒めれば簡単にできます。
また夜ご飯に、人参をかき揚げにするのも色も綺麗でおすすめです。
緑色の枝豆やピーマンなどと一緒に揚げると、華やかになります。
また、人参を市販のドレッシング少量でマリネして漬け込むのも美味しく頂けます。
和風ドレッシングや中華ドレッシング、イタリアンドレッシングなどお弁当にも簡単で美味しいですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA