玉ねぎの皮でお茶を作って健康な毎日を過ごそう!

玉ねぎの皮でお茶が作れると聞くと、多くの人が「玉ねぎの皮って捨てるものでしょ?」と答えると思います。
でも実は、玉ねぎの栄養は茶色い部分である皮に集約されているんです!
それを煮出して玉ねぎの栄養分を抽出したものが玉ねぎの皮のお茶なんですね。
普段は無意識に調理をする過程で捨ててしまうものが実はからだにとっても良い飲み物に変身するなんて、考えただけでワクワクします♪
そこで今回は、玉ねぎの皮で作るお茶の作り方やその栄養、効能について詳しくご紹介します。

玉ねぎの皮で作ったお茶の作り方

玉ねぎの皮で作るお茶の作り方はいたって簡単です。
材料は玉ねぎの皮、水のみ!
玉ねぎの皮は2、3個分くらいあれば十分な量を作ることができるでしょう。
また玉ねぎはできれば残留農薬などが気になるので有機野菜を選ぶようにすると安心です。
それでも、お茶にする前は綺麗に洗ってから一度乾燥させるようにしてくださいね。
鍋に水を入れて沸騰させてから玉ねぎの皮を入れて3分間煮出してください。
綺麗な茶色が出てきたら出来上がりで、そのまま温かいままでも冷やしてから飲んでも大丈夫です。
ここで疑問なのは、玉ねぎの皮で作ったお茶って美味しいの?ということだと思います。
玉ねぎ自体がツンとくる香りといい、少しクセがありますよね。
そのため玉ねぎの皮茶もクセのある香りや味などがするのではないかと心配する人は多いようです。
でも、実は玉ねぎの茶色い皮の部分には独特のツンとした香りはないんです。
だから子供からお年寄りまで幅広く美味しくいただくことができるんですよ!
それでいて健康に良いということなので、これはもう作ってみるしかないですね!
わたしはいつも3個の玉ねぎの皮に対して500mlのお茶を作っています。
個人的に冷やして飲むのが好きなので、粗熱が取れたら冷蔵庫に入れてぐいっとお風呂上がりに飲んでいます。
毎日朝晩とコップ一杯ずつ飲めれば、とても健康に良さそうですね!
気になる栄養素については、次の項目で詳しくご紹介します。

玉ねぎの皮茶に含まれる栄養とは

玉ねぎの皮茶に含まれる栄養素の中で一番注目されているのが「ケルセチン」という成分です。
最近ではサプリメントとしても良く名前を聞くようになりましたよね。
ケルセチンはビタミンCのはたらきを補助してくれるだけでなく、血管が硬くなるのを防いだり老化やがんの原因である活性酸素を抑え込んでこれによるダメージを防ぐはたらきもあります。
またケルセチンは腸内環境を整え、皮膚の免疫力をアップさせるはたらきもあるのです。
さらにはアレルギーまで抑えるというスーパー栄養素!
まさにケルセチン万歳!といった感じですよね。
ケルセチンの他には、玉ねぎのあの目にしみるような香りの正体である「硫化アリル」は、疲労回復や精神の安定など意外な効果が期待できるのです。
また枕元に玉ねぎを切ったものを置いておくと風邪をひかないなども良く言われていますよね。
これは、硫化アリルに精神を落ち着かせる効果があって良く眠れてからだを休めることができるからということだと思います。
わたしは昔からどうにも寝付きが悪くて、なんだか精神的に落ち着かずお布団の中でモゾモゾしていることが多かったのですが、玉ねぎの皮を切ったものを枕元に置いてみたら寝付きがだいぶ良くなりました!
最初は臭くて眠れなくなるんじゃないか?と危惧していましたがそんなことはなく、大あくびをしたと思ったらもう寝ていました(笑)
不眠に悩んでいたら是非おススメです。

どんな効能があるの?

では、玉ねぎの皮茶を飲むことによって期待できる効能をまとめてみましたので、順番に見ていきましょう。

①動脈硬化予防

先ほどケルセチンが血管が硬くなるのを防ぐというお話をしましたが、その名前の通り血管が硬くなる動脈硬化を防ぐことができます。
血管系の病気は命に関わりますので、ここは玉ねぎの皮茶でしっかりしなやかな血管を維持したいですね!

②高血圧予防

ケルセチンには血圧を下げるはたらきがあります。
そのため、すでに高血圧で血圧を下げるお薬を飲んでいる場合は玉ねぎの皮茶を飲みすぎると低血圧になってしまうことがありますので注意しましょう。

③アレルギー症状の改善

ケルセチンにはアレルギー症状を抑える薬にも入っている抗ヒスタミン効果があるので、花粉症をはじめとしたアレルギー症状の緩和が期待できます。
もちろん花粉症だけではなくアトピーなどにも効果が期待できますよ!

④悪玉コレステロールの減少

あらゆる血管系の病気の原因となる悪玉コレステロールの数値を玉ねぎの皮茶に含まれるケルセチンが下げてくれるのです。
これはケルセチン摂取量と反比例してコレステロール値が下がっていく傾向にあります。

⑤便秘改善

ケルセチンの腸内環境正常化の効能により、善玉菌を増やして便秘を解消してくれます。
わたしも長年便秘に苦しんでいましたが、玉ねぎの皮茶を飲み始めてからはずいぶん良くなったように思います。

⑥がん予防

ケルセチンはがんの原因のひとつである活性酸素のはたらきを抑制します。
そのため、がんの発生を抑えてくれるのです。
また老化やボケを防止するはたらきもあります。
もう言うことがないくらい素晴らしい効能や効果が詰まった健康茶が玉ねぎの皮茶というわけなのです。
誰でも簡単に作ることができますので、ぜひカレーなどをした日に玉ねぎの皮が3個くらい溜まったときは作ってみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA